事業内容

Lieber(リーバー)ブランド製品の企画、開発、販売

リーバーは、誰もが心地よく快適に使えるもの、より良いと感じられ、楽しく喜べるものの開発を目指すフェアリーベン株式会社のブランドです。

看護師と薬剤師が患者さんとの会話で生まれたヒントに、 使った方が使って良かったと思えるものを提案できるように、試行錯誤しています。

先ずは、スキンケアのためのリーバーミルクとリーバーローション、ヘルスケアのためのリーバーペリーラ(赤しそ飲料)をお試しください。

治験施設支援機関(SMO:Site Management Organization)

新たな医薬品や医療機器を開発するためには、効果と安全性を調べるための治験が必要です。

患者さんの協力を得て、医療機関で行われる治験は、関連法規等の基準に従って、適正に実施されなくてはなりません。

私たちは、治験施設支援機関として、治験を実施する医療機関の業務を支援しています。

治験を実施する医療機関には、関連する膨大な情報を円滑に処理することが求められます。

情報のマネジメントが、効率的に治験を実施するためのキーポイントです。

収集、記録、整理、点検、保管するための合理的な手順を提案し、一連の業務を遂行できるシステムを、私たちが構築します。

治験開始から終了まで、医療機関と患者が安心して取り組めるようにサポートしています。

治験実施医療機関の皆さま、治験依頼者の皆さま、お問い合わせよりご連絡ください。

QOL(生活の質)向上に役立つ商品の企画、デザイン、開発

医薬品や医療機器では解決できない課題にも、積極的に取り組んでいます。普段の生活で感じる不自由や不便を、解消するための方法を考えています。

何らかの理由で運動機能が制限されてしまう場合でも、道具を活用することで、日常動作を補うことができます。気に入ったデザインの道具があれば、使う楽しさも向上します。

疾病や外傷、その治療に伴う整容的な問題が患者の心理に与える影響は、計り知れません。化粧品等による対応で軽減させることができれば、肯定的な気持ちで過ごせるようになります。

健康状態を維持するため、生活習慣病等の予防を目指して、通常の食事による栄養補給が困難な場合等、不足しがちな栄養素を補う食品は、様々な場面で有用です。

暮らしに役立つものを、当事者の目線で提案しています。